役員構成

Executives

富澤 秀機
名誉顧問
富澤 秀機

1942年群馬県前橋市生まれ。1967年早稲田大学第一政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。ワシントン特派員として3年間米国に滞在。政治部長、大阪本社編集局長、常務取締役、代表を歴任。2003年6月、テレビ大阪代表取締役社長に就任。同社会長を経て、顧問となる。また、並行して以下の役職も歴任。

・文化庁文化審議会委員(2001年7月 - 2009年2月まで8期)
・首相官邸観光立国推進戦略会議委員(2004年5月 - 2009年11月まで5期)
・国土交通省交通政策審議会委員(2005年2月 - 6期)
現在は執筆活動中。最新著書『松陰の妹を妻にした男の明治維新』(日本図書館協会選定図書)徳間書店。

吉田 満
代表理事
吉田 満

国際投資家。
郵政省でFPとして17年間の経験を積み、郵政民営化の危機感を感じて独立。
2006年には、ホノルルにて投資会社を設立する。事業家、国際投資家として、ハワイ、日本、香港を拠点に事業を展開。
海外資産の運用、相続などのコンサルティング、各セミナー、ハワイマッサージサロンの買収、海外不動産への投資など、多方面に渡って事業を推進する。
2016年には、パークレーン、アラモアナ、リッツカールトンレジデンス、アナハ ワードビレッジ、ザ・レジデンス・アット・マキキなど、ハワイのラグジュアリーコンドミニアムを続けて購入、投資家としての活動を加速。
また同年、ハワイにおけるバケーションレンタル会社の買収に成功。日本人オーナーによる初の「ラグジュアリー・バケーション事業」を開始する。
さらに、投資家としての活動から、日本人には極端にお金に関する情報・教育が少ないことに危機感を抱き、国内で100回に渡る投資教育のセミナーを開催。
世界三大投資家として名高いジム・ロジャーズ氏とコラボセミナーも行うなど、世界の富裕層ともつながりが深い。
現在は、一般社団法人ファミリーオフィス協会の代表理事として、事業継承・文化継承を推進する傍ら、世界の調和を旨として、各種文化人、さらには国内最古のNGO団体と提携、慈善活動家としても事業を展開する。
地球環境保護、世界遺産保護、恵まれない子供の支援、動物保護財団設立など、さらなる世界の調和にむけて、日々活動中。

著書 『目指せ、ハワイでミリオネア!』