役員構成

Executives

富澤 秀機
名誉顧問
富澤 秀機

1942年群馬県前橋市生まれ。1967年早稲田大学第一政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。ワシントン特派員として3年間米国に滞在。政治部長、大阪本社編集局長、常務取締役、代表を歴任。2003年6月、テレビ大阪代表取締役社長に就任。同社会長を経て、顧問となる。また、並行して以下の役職も歴任。

・文化庁文化審議会委員(2001年7月 - 2009年2月まで8期)
・首相官邸観光立国推進戦略会議委員(2004年5月 - 2009年11月まで5期)
・国土交通省交通政策審議会委員(2005年2月 - 6期)
現在は執筆活動中。最新著書『松陰の妹を妻にした男の明治維新』(日本図書館協会選定図書)徳間書店。

吉田 満
代表理事
吉田 満

国際投資家。
郵政省でFPとして17年間の経験を積み、郵政民営化の危機感を感じて独立。
2006年には、ホノルルにて投資会社を設立する。事業家、国際投資家として、ハワイ、日本、香港を拠点に事業を展開。
海外資産の運用、相続などのコンサルティング、各セミナー、ハワイマッサージサロンの買収、海外不動産への投資など、多方面に渡って事業を推進する。
2016年には、パークレーン、アラモアナ、リッツカールトンレジデンス、アナハ ワードビレッジ、ザ・レジデンス・アット・マキキなど、ハワイのラグジュアリーコンドミニアムを続けて購入、投資家としての活動を加速。
また同年、ハワイにおけるバケーションレンタル会社の買収に成功。日本人オーナーによる初の「ラグジュアリー・バケーション事業」を開始する。
さらに、投資家としての活動から、日本人には極端にお金に関する情報・教育が少ないことに危機感を抱き、国内で100回に渡る投資教育のセミナーを開催。
世界三大投資家として名高いジム・ロジャーズ氏とコラボセミナーも行うなど、世界の富裕層ともつながりが深い。
現在は、一般社団法人ファミリーオフィス協会の代表理事として、事業継承・文化継承を推進する傍ら、世界の調和を旨として、各種文化人、さらには国内最古のNGO団体と提携、慈善活動家としても事業を展開する。
地球環境保護、世界遺産保護、恵まれない子供の支援、動物保護財団設立など、さらなる世界の調和にむけて、日々活動中。

著書 『目指せ、ハワイでミリオネア!』

大倉 正之助
文化顧問
大倉 正之助

能楽囃子大倉流大鼓 重要無形文化財総合認定保持者
公益社団法人能楽協会会員
一般社団法人日本能楽会会員

室町時代より代々続く能楽囃子大倉流大鼓、小鼓の宗家に生まれ、父・大倉長十郎、祖父・大倉長右衛門より稽古を受け、9才で初舞台。
能楽公演では翁附五流五番能の企画制作を自ら行い、且つ大鼓を一日全て一人で打ち納め、能楽史上、囃子方として前人未到の試みを成し遂げ成功を収める。能楽の公演他、世界各国の首脳・VIP来日時等、首相官邸晩餐会での演奏や、政府主催の音楽祭に参加、ローマ法王より招聘されバチカン宮殿内においても日本代表として演奏する。東京ドームで行われたMLB(メジャーリーグベースボール)開幕戦オープニング式典に出演。総合格闘技ダイナマイトでは、国立競技場にて10万人の観衆の前で独奏。国内外のアーティストとの共演等、国際文化交流の場で活躍。CM、ドキュメンタリー番組などメディアにも多数出演し、日本の素晴らしい文化を世界に向け、発信し続けている。
ユニバーサルミュージックよりCD「飛天」発売。

草場一壽
文化協力
草場一壽

1960年佐賀県生まれ。
幼少より動物や自然など、「いのち」の営みに興味を抱き育つ。
生まれ育った地元佐賀の有田焼で、自らの想い「いのち」を表す絵画を描けないかと有田焼の窯元を訪ね歩くが、「実現不可能」と断られ続ける。
その中で、最後に訪れた世界的に有名な絵師・葉山有樹氏が「これは面白い」と草場を受け入れ、葉山氏の元で働きながら陶彩画の研究を始める。
約三年に及び研究を続けた結果、1990年、これまでの有田焼の常識では考えられない色彩の表現に成功。
その技法は、絵付けと焼成を10数回繰り返しながら色彩を表現するもので、従来の有田焼では3~4回が限界であった焼成回数の常識を打ち破るものだった。
同年、佐賀県武雄市山内町に工房今心を開き、 陶彩画の創作活動を始める。 91年、博多全日空ホテルにて初の個展。以後、全国各地で展覧会 を開催。その作品は、奇跡の輝きをもつ新しい絵画として、国内外で高い評価を得る。2004年には初の絵本『いのちのまつりヌチヌグスージ』を刊行。小学校3年生「道徳」の副読本にも掲載され、 ロングセラーとなる。 現在も芸術家として、多方面にわたって活動を展開中。

清水 誠悟
常任理事 関東
清水 誠悟

税理士事務所にて、中小企業の税務・会計、資金調達、不動産活用、企業防衛保険、相続事業承継など、財務を中心とするコンサルティング業務を担当。その後総合商社の海外電力部門にて四半期予決算・国内外税務、監査対応、M&Aなど財務計数管理を担当。
2012年に独立系FP会社を設立。相続対策提案や老後資産設計など個人向け業務の他、企業向けコンサルや経済講演など幅広い業務に従事。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP®
 
Griffon Partners LLC CEO
株式会社Relationship Management 代表取締役

山本 卓
常任理事 関西
山本 卓

2000年新卒でIT,ネットベンチャー企業に入社。大阪支店の立ち上げや、ソリューション事業部部長、社長室室長を歴任し同社のIPOに貢献。2006年同社退職後、金融ベンチャー企業の執行役員経営企画室室長を経て、資産運用、事業投資会社である株式会社LDCを設立。 現在は株式会社LDCにて国内外不動産投資、香港法人のLDC HK co. Limitedにて海外金融投資、医療法人社団オハナ会、一般社団法人MDIにて医療・福祉分野へ事業を展開している。

株式会社LDC 代表取締役
LDC HK co. Limited CEO